FAP(Free from Anxiety Program :不安からの解放プログラム)とは

FAP(Free from Anxiety Program :不安からの解放プログラム)は、EMDR(眼球運動による心理療法)やTFT(体のツボのタッピングによる心理療法)など、パワー・セラピー又はエナジー・サイコセラピーと呼ばれる心理療法の一つです。

FAPは1999年、日本において大嶋信頼氏らにより発見され、2001年に治療が体系づけられた新しい心理療法であり、 PTSDの諸症状の改善や恐怖症の克服、パニック障害や強迫性障害、依存症的欲求などの幅広い問題に対して劇的な効果を示す事が分かってきました。

実際のカウンセリング風景では、カウンセラーが手をブラブラと振ることで、クライアントが抱えている問題の情報をカウンセラー自身の指の反応として感じ取り、治療的働きかけを行います。

この時クライアントはカウンセラーに身を委ねるのみで、 ご自身で過去のつらい体験を思い出したりといった苦痛を味わう事はありません
精神的・肉体的苦痛は無いままカウンセリングは行われていきます。

FAPとは、相手の深層心理を暴き出す、という類のものでは無く、 主観を外して真の共感に迫るための技法 であります。
真の共感、すなわち、腑に落ちる、という感覚こそがクライアントの精神を穏やかに楽にするものであると考えます。

主観を外し、自分の無意識に問いかける

ここでの真の共感とは、クライアントを肯定のみし、その要求に応え続ける、という事では無く(そう言った場面が必要な事はもちろん有りますが)
クライアント自身ですらも思いもよらなかった「その人の本音」「本当の自分」というものを引き出し、それを共に感じる事を指しています。

その引き出した「本音や本当の自分」がどうであれ、腑に落ちた時の感覚こそが「あぁ、そうだったのか、救われた」という気持ちになっていくのではないでしょうか。

思いもよらない答えは初めは半信半疑かもしれませんが、腑に落ちた時の感覚は感慨深いものさえあります。(この感覚にハマってしまう人はこの現象が楽しくて仕方が無いと思います)
そしてその現象を目の当たりにしたクライアントは、いかに人は主観にとらわれて生きているのか、という事も感じ取れると思うのです。

この「人は主観にとらわれてしまうもの」という事に気付いていく事は、この先私たちが生きていく上で精神上とても大きな気付きであり、カウンセリングに通わずとも、自分自身で問題解決していく事にも繋がるでしょう。

「主観を外す」という事はこれまで見ていた世界がまるで違う物に見えてしまう、というインパクトさえあります。

又、カウンセリングの中では、こちらも大嶋信頼氏提唱の「心に聞く」という技法も行なっていきます。自分の無意識に問いかけていく技法です。

カウンセリング中はカウンセラーがクライアントと共に「心に聞いて」いきますが、日々の生活のあらゆる面で使える技法ですからクライアントが一人でも使っていけるように、心への質問の仕方などお話していきます

主観・思い込みを解放し、自分の幸福への道を知っている無意識に問いかけ、心の自由をぜひ体感してください。

面談について

□ 初回面接(個人・カップル・複数人とも)8800円(税込)/50分
□ 継続面接(個人)13200円(税込)/50分
□ 継続面接(カップル)16500円(税込)/50分
□ 継続面接(複数人)22500円(税込)/50分

すべてオンラインでの面接となります。ビデオオフでの面談も可能です。